リサイクル料理を知ろう

>

捨てるのはもったいない

厚く剥いた皮を活用

ダイコンの皮を厚く剥いた時は、漬物にできます。
ご飯のおかずにピッタリなので、余った皮があれば作っておきましょう
皮を食べやすい大きさに刻んでから、密閉容器に入れてください。
その上から、ポン酢をかけるだけで作業が終了します。
あとは、味がなじむまで数時間待ってください。
おいしく食べられるように、1日待つのがいいと言われています。

バルサミコ酢などを入れると、ピクルスになります。
毎回同じ味の漬物では飽きてしまうので、その時によって調味料を変えてもいいですね。
子供も食べる場合は、味付けを薄くしたりハチミツを入れて甘みを追加するのもおすすめです。
ダイコンの皮は食感もいいので、家族みんなが夢中で食べるでしょう。

ポタージュに生まれ変わる

ダイコンの葉をミキサーにかけて、煮るとポタージュになります。
一緒にジャガイモも入れると、トロトロになりおいしさも倍増するでしょう。
非常に見た目がオシャレなので、パーティーの時やお客さんが来ている時に出してもいいと思います。
オシャレなポタージュをすぐに作って出すことができれば、料理上手な人と思われるでしょう。

甘みを出したい時は、タマネギも一緒にミキサーにかけてください。
レシピは同じでも材料を変えることで、異なる味を楽しめます。
様々な野菜の余りを使ってポタージュを作って、最も気に入る味を探してもいいですね。
短時間でできるというのも、このレシピの特徴になります。
時間がない時でもしっかり自炊できるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ